本校は、単なるクラス担任制ではありません。例えば作文が苦手な学生にはその指導者が教えるなど、学生が必要としているスキルを、それに沿った教員が教えるというスタイルです。逆に言えば、学生はクラス担当だけでなくどの教員に尋ねてもOK。教室や職員室では、教員から、また学生からも積極的にアプローチして、指導を受けている姿が見られます。この個別の丁寧な指導が、国家試験合格へと実を結びます。

安易にマニュアルを使用しない「考える授業」

入浴実習室、家政科実習室、介護実習室を駆使した演習では、安易にマニュアルを使用しません。利用者の数だけ介護の仕方はある。どのような場面に遭遇しても対応できるよう、徹底して考える力を身に付けます。それが介護実習のときにはもちろん、実際に介護福祉士になったときの自信の源となります。

内容ごとに異なる施設での校外実習

校内の演習で考える力を身に付けたあと、校外の施設で実習。実習先は、学生の希望や通いやすさを考慮して決められますが、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、障がい者支援施設など、実習ごとに異なる種類の施設を体験できるように配慮。ほとんどの施設で本校の卒業生が活躍しているのも特徴です。

福岡介護福祉専門学校

〒819-0015
福岡市西区愛宕4丁目2−28
交通アクセスや周辺地図
TEL:092-882-7004
FAX:092-882-7044
Email:f-kaigo@itobunka.ac.jp
ページの先頭へ