COLUMN 3

介護の現場では、「利用者にとって、介護福祉士も生活環境の一部である」という考えから、制服ではなく私服を採用している施設が増えています。本校では、平成25年度より制服を廃止。
私服とはいえ、介護福祉士になれば、主役は利用者で介護福祉士は脇役。学校生活でも月に1回「介護の日」を設け、利用者を第一に考えた身だしなみや、介護しやすく安心・安全な服を指導しています。